脂肪溶解注射・輪郭注射

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射は気になる脂肪に薬剤を注射して、その部分の脂肪を減少させる治療です。

輪郭を整える、輪郭をすっきりとさせる治療でもあり、輪郭注射とも呼ばれます。

 

こんな方におすすめです。

 

・部分痩せに興味があるが、体に負担の少ない治療をしたい

・短時間で済む治療をしたい

・目立たずに気になるところだけ痩せたい

・副作用の少ない治療で済ませたい

・手軽な治療をしたい

 

特に、ダイエットをしてもなかなか減りにくい頬やあご裏(二重あご)の脂肪を減らす目的で治療する方が多く、フェイスラインがすっきりとしてきます。

当院の脂肪溶解注射のうち、このページではNEOBELLA(ネオベラ)についてご説明します。

 



 

NEOBELLA(ネオベラ)

NEOBELLA(ネオベラ)について

有効成分として
 

・デオキシコール酸を0.5%配合しており、正常な脂肪細胞の破壊を誘発します。 FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けている成分です。
 

・L-カルニチンは生体の脂質代謝に関与し、全身の新陳代謝を活発にする働きがあります。

 

NEOBELLA(ネオベラ)で治療前後の症例写真


左:治療前  右:治療後(3回治療後)

海外の学術資料。1回あたり8本注入しています。

作用機序

デオキシコール酸0.5%配合

デオキシコール酸を0.5%配合しており、正常な脂肪細胞の破壊を誘発します。

 




 

DexLevoの独自処方による低張性脂肪溶解

脂肪細胞内へ水分を過剰に吸収させることで、正常な脂肪細胞の分解を喚起します。


 



 

治療方法

減らしたい脂肪の部分に直接薬剤を注入します。
 

麻酔をしてから極細針で注入します。部位によってはカニューレと呼ばれる特殊な長い針を使用して注入します。

治療間隔・回数

1週間ごとに3~5回程度の治療をおすすめしておりますが、個人差がございます。

副作用等

注射中と注射後の痛みはほぼなく、治療後の赤みなどの副作用もほとんどありません。
 

針を入れた部位には非常に小さな赤みが出る場合がありますが、数日で目立たなくなります。
 

時に内出血が出る場合がありますが、10日程度で目立たなくなります。
 

当院では治療後すぐに赤みや内出血を早めに吸収させる外用剤を塗布しますので、ダウンタイムはだいぶ軽く感じられる方が多いと思います。

 

ご料金について

ご料金につきましては、こちらをご覧ください。




 

PAGE TOP